So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年02月 |2010年03月 ブログトップ
前の10件 | -

<皇太子さま>国民と接する機会大切に 50歳会見(6)(毎日新聞)

 関連質問1 皇室のあり方に関連してお尋ねさせていただきたいと思います。殿下は昭和60(1985)年、英国ご修学を終えられた際の記者会見で、皇室観について、一番必要なことは国民の中に入っていく皇室であること、そのためにはできるだけ多くの国民と接する機会をつくることが必要と話されました。立太子礼を前にした平成3(1991)年の記者会見でも、そのお考えを改めて伺ったところですけれども、それから皇太子殿下になられて20年余り、50歳にあたって改めて殿下の描く皇室観、皇室像というものをお聞かせいただけないでしょうか。立太子礼の会見の折に達成度合いについてのお尋ねをしたところですけれども、その点についても併せてお聞かせいただければと思います。

 皇太子さま 先ほど公務に対する考え方の質問の中でもお話ししましたように、天皇は日本国、そして国民統合の象徴であるとの日本国憲法の規定に思いを致して、そして国民と苦楽をともにしながら国民の幸せを願い、象徴とはどうあるべきか、その望ましい在り方を求め続けるということが大切なのだと思います。その意味で、私が20年以上前に述べた国民の中に入っていく皇室、そのためにはできるだけ多くの国民と接する機会をつくることが必要であるという考え方は今でも変わってはおりません。それから、達成度ということについては、その当時も途中の段階であるというふうに申し上げたと思いますけれども、先ほど50歳にあたって更に学ぶことの大切さということを申し上げました通り、道はまだ半ばであるというふうに今でも申し上げられると思います。

不審死・大出さん、端緒のブログに追悼相次ぐ(読売新聞)
列島は春の陽気、大阪・堺で23・9度(読売新聞)
茨木の民家 火災1人死亡(産経新聞)
介護疲れで無理心中か=80代夫婦、遺体で発見−新潟(時事通信)
<小沢幹事長>「敗因は政治とカネ」認める 長崎県知事選(毎日新聞)

パナソニック電工、長榮専務が社長に就任へ(レスポンス)

パナソニック電工は22日、6月開催の定時株主総会後のトップ人事で長榮周作専務が社長に昇格する人事を内定したと発表した。

畑中浩一社長は取締役も退任して相談役に退く。

長榮氏は、愛媛大学工学部電気工学科を卒業後、同社に入社、インドネシアの現地法人の社長や照明デバイス開発部門などを経て2004年に経営執行役、2005年にサンクスの社長となり、2007年に松下電工の常務取締役として復帰、2008年に専務となった。4月1日付けで副社長となった後、社長に昇格する。60歳。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
オートバックス、2店舗にEV用充電スタンドを設置へ
三菱、長崎県に i-MiEV を納車…ITS車載器を搭載したレンタカー
EVコンセントをマンション駐車場に設置…ライオンズマンション
パナソニック電工 特別編集

インフル患者、3週連続減=全都道府県で10下回る−感染研(時事通信)
2歳児監禁死、父親に懲役11年=裁判員「つらかった」−東京地裁(時事通信)
国公立大2次試験 前期日程、東海地方でも始まる(毎日新聞)
消えゆく言語守ろう 外国人ら池袋で祝典(産経新聞)
<世論調査>国会不信、若者の7割超す 総務省外郭団体(毎日新聞)

新型インフル諮問委、記録残さず=首相に答申の専門家会議−非公開の10回検証困難(時事通信)

 政府の新型インフルエンザ対策本部(本部長・鳩山由紀夫首相)に、国が採るべき方針を答申してきた専門家諮問委員会(委員長・尾身茂自治医科大教授)が、開いたすべての会議で議事録などの記録を残していなかったことが20日、分かった。
 実効性に疑問が残る空港での水際対策やワクチン輸入などは諮問委の見解に沿って実施されたが、決定に至る過程の検証は困難になる可能性が高い。
 諮問委のメンバーは、尾身委員長と感染症の専門家4人。新型インフルの発生を受け、昨年5月1日に初会合が開かれた。会議はすべて非公開で、原則的に開催自体が明らかにされていない。
 厚生労働省や内閣府の関係者によると、これまでに開催されたのは10回で、うち9回は前政権下で開かれた。同省側が対策の根幹となる「基本的対処方針」などの原案を用意し、委員に意見を求める形で議論は進められたという。
 5月は機内検疫や感染者の隔離措置など水際対策を主な議題に5回開かれた。6月は冬の流行拡大に向けて態勢を見直すため3日連続で開催。8月、9月は各1回で、外国製ワクチンの輸入や接種スケジュール、費用などの方針を検討した。
 会議には同省幹部らが同席したが、類似の会議とは異なり、議事録は作らず、発言は一切録音しなかった。残っているのは出席者の個人的なメモのほか、取材対応用に用意した数回分の議事概要だけで、どのような議論が交わされたのかが分かる資料は内部向けを含めて存在しないという。
 世界的に異例だった水際対策は、諮問委の「一定の効果があった」との評価で継続されたが、実際は潜伏期間の感染者が多数すり抜けた可能性があると指摘する研究者もいる。巨費を投じた輸入ワクチンは大半が余る見通しだ。 

【関連ニュース
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
インフルワクチンを過大評価=母親の9割、正しく理解せず
検疫などインフル対策を検証へ=政府本部、厚労省
新型インフルの臨時接種も制度化=提言受け、法改正へ

直接支払い、先送り検討=出産一時金で−長妻厚労相(時事通信)
<温室効果ガス>家庭部門では半減 25%減へ国内のみ試案(毎日新聞)
<鳩山首相>政界引退後は「農業を」…すぐとは言ってません(毎日新聞)
<桂小春団治さん>史上初、国連本部で落語公演(毎日新聞)
伊丹空港問題 橋下知事の話は竜宮城的?(産経新聞)

民主公約は破綻=菅氏の消費増税論議発言に−自民総裁(時事通信)

 自民党の谷垣禎一総裁は15日、党本部での会合で、菅直人副総理兼財務相が3月から消費税率引き上げの議論を始めると表明したことについて、「(民主党)マニフェスト(政権公約)の基本構造が破綻(はたん)していると自白しているようなものだ」と批判した。
 谷垣氏はその理由に関し、「無駄がたくさんあるから20兆円くらい(の財源)はすぐ出てくる。だから4年間消費税はやらないというのがマニフェストの基本構造だった」と指摘した。
 一方で、「(鳩山政権は)『コンクリートから人へ』なんて言っているが、財政を圧迫している要因は圧倒的に社会保障支出。そこに正面から目を向けなければ根本的な展望は開けない」と述べ、消費税増税の必要性を強調した。 

【関連ニュース
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

検察「窃盗」弁護側「横領」真っ向対立、鯨肉裁判(読売新聞)
五輪スピード 高木美帆選手を同級生ら地元で声援(毎日新聞)
教育現場の中立性は確保=川端文科相(時事通信)
郵政改革の調整が難航=出資比率や郵貯限度額めぐり−政府・与党(時事通信)
原口総務相、外国人参政権に慎重姿勢を強調(読売新聞)

アメ村暴行事件 19歳作業員を逮捕 京産大生殴り死亡させた疑い(産経新聞)

 大阪市中央区の通称「アメリカ村」の路上で先月8日未明、京都産業大4年の志野洋祐さん(22)=京都府大山崎町=が男に殴られて転倒し、その後搬送先の病院で死亡した事件で、大阪府警南署は17日、志野さんを殴って死亡させたとして、傷害致死容疑で大阪市内の建設作業員の少年(19)を逮捕した。

 逮捕容疑は、先月8日午前4時すぎ、中央区西心斎橋の路上で、志野さんの顔を殴り転倒させて、6日後に死亡させたとしている。

 南署によると、少年は「友人が志野さんとトラブルになり、かっとなって殴った」と容疑を認めているという。

 志野さんは事件後、病院に運ばれたが、意識が回復しないまま死亡。その後の司法解剖で、死因は転倒した際に頭を地面に強打したことによる脳の損傷と分かった。

 南署によると、志野さんは友人3人と現場近くのクラブを訪れており、閉店で客が一斉に店を出る直前、店内で少年らのグループとトラブルになった。その後志野さんが店を出た際、少年に顔を1回殴られたという。

 南署は目撃情報のほか、周辺の防犯カメラの映像を解析するなどして犯人の行方を追っていた。

ユニセフ大使 アグネス・チャンさん、ソマリアを視察(毎日新聞)
「全く存じ上げない」=北海道教組の資金提供−小林議員(時事通信)
地中海マグロが「おいしい」=苦境打開へ、あの手この手(時事通信)
【from Editor】テロで失われる命の尊さ(産経新聞)
あて先ない「紹介状」の提供依頼に注意を―厚労省(医療介護CBニュース)

北教組事件 共産・志位氏「民主支持の強要問題」(産経新聞)

 共産党の志位和夫委員長は18日の記者会見で、民主党の小林千代美衆院議員側への北海道教職員組合からの違法献金事件について、「連合の指導部や北海道教組による、組合員への特定政党(民主党)支持の強要が問題の根っこにある。そのため団体献金が行われる」と述べ、連合や北教組を批判。「小林議員や関係者の国会招致を当然考えるべきだ」と述べた。

【関連記事】
北教組事件 教師は政治的中立を守れ
北教組資金提供事件 小林陣営担当者「委員長らから受領」
党首討論 首相、小沢氏の国会説明を進言へ
民主党に自浄作用なし!?石川シッポ切りの次は裏金疑惑
カンパを裏金化? 北教組幹部宅も捜索

バンクーバー五輪 視聴率、開会式は25.4%…関東地区(毎日新聞)
NYで流行るインドカレー オールナチュラルの菜食料理(産経新聞)
輿石氏「正三角形のかたちで歩んでいかねば」(産経新聞)
留置場で花札、黙認した警部補ら3人を処分(読売新聞)
<殺人>3人刺され女性2人死亡、少年?逃走…宮城・石巻(毎日新聞)

加治前グラブ盗んだ男逮捕…車上狙い200件以上(スポーツ報知)

 神奈川県警座間署は15日、プロ野球・巨人の加治前竜一外野手(24)の車から野球用具などを盗んだとして、窃盗の疑いで住所不定、無職の徳本孝之容疑者(41)=覚せい剤取締法違反で起訴=を再逮捕した。「盗んだ後にプロ野球選手のものと気づいた。ほかに車上狙いを200件以上やった」と供述しており、同署では裏付け捜査を進めている。

 徳本容疑者の逮捕容疑は、1月22日朝、神奈川県厚木市の駐車場内にあった加治前選手の車のガラスを割り、グラブ、バット6本、スパイク3足など野球用具とゴルフバッグなど38点(総額30万円相当)を盗んだ疑い。

 同署幹部によると、徳本容疑者は同県小田原市、座間市、相模原市などでも犯行を繰り返していたことを認めており「200件以上、車上狙いをやった」と供述している。車内から脱出する際に使用する「レスキューハンマー」という器具でガラスを割ったとみている。

 セダンタイプの場合、後部トランクを開ける手間がかかるため、主にハッチバック(荷物室と車室が隔てられていない形状)タイプの車を狙っていたという。同署幹部は「加治前選手の車もハッチバックだったため、標的になったようだ」と話している。同署では供述などをもとに、裏付け捜査を進めている。

 徳本容疑者は昨年11月、神奈川県内を盗難車で走行中に事故を起こし、そのまま逃走。車内から微量の覚せい剤が検出されたため、座間署は覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕状を取っていた。窃盗事件の届けがあった1月22日正午すぎ、署員が相模原市内の中古スポーツ用品店の前にいた徳本容疑者を発見、逮捕した。乗っていた車から、加治前選手の野球用具などが見つかった。

 徳本容疑者は、加治前選手の車から野球用具を盗んだ後に、巨人のロゴや名前などが入っていることに気づいたという。「(中古スポーツ用品店で)これまで盗んだものを売るつもりだった」と話し、加治前選手の用具については「返さなくちゃと思っていたが、返す前に逮捕された」と供述している。

 【関連記事】
盗まれた金の置物発見
女子高生が尾行、窃盗の男を逮捕

<里山>開発計画の会社、名古屋市を提訴…5億円支払い求め(毎日新聞)
神奈川いすゞ、車検でブレーキ整備せず「済み」に(読売新聞)
<石巻2人刺殺>南部さん、大森さんの葬儀や通夜行われる(毎日新聞)
<宝くじ>グリーンジャンボ、全国一斉に発売(毎日新聞)
次官から部長級への降格容易に=同格扱いで一致−首相と仙谷氏ら(時事通信)

母親に暴行、死亡させる=殺人未遂容疑で58歳男逮捕−警視庁(時事通信)

 17日午前4時40分ごろ、東京葛飾区東立石のマンションで、管理人から「部屋の玄関で人が倒れており、大量に出血している」と110番があった。警視庁葛飾署員が駆け付けたところ、住民の無職木口登志子さん(81)が血を流して倒れており、病院で死亡が確認された。
 同署は長男の無職辰弘容疑者(58)が「自分が刺した」と認めたため、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は16日深夜から17日未明にかけ、木口さん宅で木口さんの腹部を刃物で刺した疑い。凶器は見つかってないという。 

【関連ニュース
男児暴行死の父、強盗に関与か=静岡の事件で逮捕状
2人刺殺、少女連れ逃走=18歳少年ら2人、監禁などで逮捕
男子高校生、改札口で背中刺される=中年男に突然
3人刺傷で懲役30年求刑=弁護側は心神耗弱主張
「重い刑を」懲役17年=裁判員判決、犯罪抑止重視-70歳男、猫餌やり殺人・千葉

枝野氏が行政刷新相に正式に就任(産経新聞)
除雪機事故で4歳男児死亡(スポーツ報知)
9人の救出不可能 たまゆら火災、実験で確認(産経新聞)
「介護に役立てて」80代夫妻、地元に2億円寄付(読売新聞)
毎日育英会奨学生 卒業祝賀会を東京で開催(毎日新聞)

振り込めグループ6人逮捕=同様手口の被害2億円−兵庫県警など(時事通信)

 裁判取り下げ費用が必要などと言って現金を詐取したとして、兵庫、福岡など6県警の合同捜査本部は10日までに、詐欺などの容疑で東京都杉並区、無職城拓馬(28)▽世田谷区、自称俳優井上浩志(38)▽新宿区、無職岩渕貴之(33)−ら振り込め詐欺グループの6容疑者を逮捕した。捜査関係者によると、城容疑者ら3人は容疑を認めているという。
 逮捕容疑では、城容疑者らは共謀し、架空の団体を名乗って「民事裁判が起こされている」などと書いたはがきを無作為に郵送。昨年11月中旬、電話をかけてきた兵庫県加古川市の50代女性に対し、井上容疑者らが弁護士に成りすまして裁判取り下げ手続き費用が必要などと言って現金60万円を振り込ませ、だまし取った疑い。
 兵庫県警捜査2課によると、同様手口の被害は茨城、静岡、岐阜など全国38都道府県で約160件、総額2億円以上に上っており、関連を調べる。
 同課は、グループは指定暴力団山口組系暴力団と関係があるとみており、詐取した金が組の資金源になっていた可能性が高いとみている。 

【関連ニュース
「おれおれ」被害、直接受領が半数=振り込め対策で緊急会議
ソフト会社実質経営者ら有罪=高額配当うたい詐取
落選候補に連座制適用=北九州市議選の偽投票紙事件
会津小鉄会会長に有罪判決=キャッシュカード詐欺
ビル売却脱税で組長起訴=26億円所得隠し

18歳少年疑念抱いた?「自分の子じゃない」…石巻市男女3人殺傷(スポーツ報知)
日弁連会長選、再投票は来月10日(産経新聞)
関東甲信、12日明け方にかけ大雪の恐れ(読売新聞)
税制改革議論の3月開始には慎重 官房長官「タイミングは微妙」(産経新聞)
<名古屋裏金>104人処分 390万円返還へ(毎日新聞)
前の10件 | -
-|2010年02月 |2010年03月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。