So-net無料ブログ作成
検索選択

<動物虐待>くぎ刺された肉食べた犬が手術 大分県警が捜査(毎日新聞)

 3日午後7時半ごろ、大分県別府市上人ケ浜町の市上人ケ浜公園に、小さなくぎを差し込んだペット用の肉のくん製が捨てられているとの通報があった。市内の女性(29)が飼っている雄のミニチュアダックスフントがこのくん製を食べたことが判明。レントゲン検査で腹部に十数本のくぎが見つかり、犬は動物病院で手術を受けた。県警別府署は、ペットを狙った悪質ないたずらとみて、器物損壊容疑で捜査している。

 調べによると、くぎは長さ1.6センチ。ちぎった肉のくん製の中に埋め込んであった。公園の一角に数十個がばらまかれており、犬は女性に連れられ散歩中の同日午後5時半から7時ごろの間に食べたとみられる。

 現場は海浜公園で、市民や観光客に親しまれている。【祝部幹雄】

【関連ニュース
器物損壊:日興コーデ2社員逮捕 交番のガラス割る 東京
桜:若木35本、根元付近で切断 河川敷に放置 山口
爆発:自販機横のごみ箱、けが人なし 愛知・一宮
器物損壊:成田空港の予定地で看板壊す 容疑の60歳逮捕
器物損壊:鳩山一郎元首相墓に黄色塗料 谷中霊園

14年度が最多の5割超=消費税引き上げ時期―民間予測(時事通信)
<掘り出しニュース>「瓶ビールの記憶」 戦前からの80点、ポスターなども 日光の酒店(毎日新聞)
「ロバート」山本さん追突事故=けが人なし、首都高で―東京・板橋(時事通信)
小規模多機能で障害者の生活介護、全国展開で通知―厚労省(医療介護CBニュース)
「カントリーマアム」新作はキャラメルと八丁味噌の意外な組み合わせ!

赤切符誤処理「ボーナス減額」名ばかり…山梨(読売新聞)

 山梨県警が交通反則切符(青切符)で処理すべき違反者250人を誤って交通切符(赤切符)で処理した問題で、県警は現場責任者ら14人に支払う6月のボーナスを減額すると発表したが、県警職員全員に支給されるボーナスの総額は減らない仕組みであることが31日、分かった。

 「減額」の意味を巡って、県議会からは「責任を取ったことにならない」との指摘が出ている。

 県警警務部などによると、県警職員のボーナスは「勤勉手当」と「期末手当」に分かれる。減額の対象は、働きぶりに応じて9段階評価に分かれる勤勉手当だ。

 県警が「減額」と説明した14人は、今回のミスにより、9段階評価が1段階下がることになる。純粋に1段階評価が下がれば、手当ての額は5%減る。

 だが、県警のボーナスの総額は予算で固定されているため、「減額」といっても総額が減るわけではない。

 県警の発表では14人は計約36万円減額されるが、減額分は結局、14人以外の職員のボーナスに振り分けられる。さらに、14人の中にほかの面での仕事ぶりが良く、2段階以上評価が上がる職員がいた場合、ミスによって1段階下がっても、結果的にボーナスが増えることもあり得るという。

 県警は今回の措置を「処分」ではないと繰り返し、「あくまで通常のボーナス査定の範囲での措置」と説明。「故意に書類を偽造、変造したわけではなく、懲戒処分にはあたらない」としている。佐賀県警や北海道警が同様のミスを懲戒処分しなかったことも考慮した。

 関係した職員が自主的に給与などを返納する方法も考えられるが、自主返納は行わない方針だ。ある県警幹部は「対外的には理解を得られる方法だが、悪意のないミスでも自主返納することが前例となり、職員が萎縮(いしゅく)してしまう」と心配する。

 2日開会の県議会6月定例会では、ミスによって生じた損害賠償など約1300万円の県費による負担が、予算案に盛り込まれている。西郷正実県警本部長は本会議でも、ミスを陳謝する予定だ。だが、自民党県議の1人は「今回の措置は『減額』とは呼べない。県警の対応は甘い」と批判しており、議会で問題視される可能性もある。(湯本浩司、前田遼太郎)

山田宏氏、杉並区長辞任し参院選出馬へ(読売新聞)
昨年の新規AIDS患者、08年と同数で過去最高(医療介護CBニュース)
知人に農薬混入コーヒー=殺人未遂容疑で男逮捕―長野県警(時事通信)
<PCI特別背任>元社長の無罪確定 検察側上告せず(毎日新聞)
児童ポルノ誘導で新たに7サイト削除依頼 警視庁(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。